母乳は完全無欠の栄養食品


母乳は完全無欠の栄養食品

赤ちゃんが生まれたら、母親は母乳によって赤ちゃんを育てていきます。 人類史上、これは変わることのないものでしょう。 古くから続けられてきていることです。 赤ちゃんにとっても母乳を飲む瞬間というのは至福のひと時でしょうし、母親にとっても、母乳を与える瞬間が一番幸せを感じることが出来るのではないでしょうか。
しかし、そんな母乳とはそもそもどんなものなのでしょう?
赤ちゃんが生まれると、母親の体内では「プロラクチン」という催乳ホルモンが分泌されるようになります。 このホルモンが乳腺に流れ込むことによって母乳がつくられるようになるのです。
それと同時に、「オキシトシン」という射乳ホルモンも分泌されるようになります。射乳ホルモンとは、母乳を体外に出すように促すものです。 この射乳ホルモンのおかげで、体内でつくられた母乳を赤ちゃんに飲ませることが出来るのです。
母乳には、ビタミンやミネラルなど、赤ちゃんに必要な栄養素がバランスよく含まれています。 生まれたばかりの赤ちゃんにとって、母乳は完全無欠の栄養食品と言えるのです。
そんな母乳について、当サイトでは詳しくご紹介していきたいと思います。 母乳について興味がある方は是非ご覧になっていって下さいね。
[注目関連サイト]
妊婦や子供でも安心して飲める便秘対策商品の通販サイトはこちら・・・便秘



ページTOPへ